DJをしていてラッキーだった事。

 僕がまだ日本で大学生になりたての頃。

 校舎が横浜だったため、新しくできた友達と、学校帰りによく横浜駅周辺をふらふらしていたものだ。

 

 普段は2〜3人でふらついていたのだが、その日は同じ学部の友人達7人くらいで集まっていた。

 当時からDJを趣味でやっていたので、友人と会っている時でも隙をみつけては、レコードショップに立ち寄り音を掘っていた僕。

レコード袋
(画像はイメージ)

 レコードショップから友人達の待つ合流場所に戻り少し歩いていると、7人の中でもちょっと目立つ格好していた友人2人に、少し年上っぽい見知らぬ2人組が声をかけてきた。

 

 声をかけてきた、と言えば普通に聞こえるが、

「お前ら、どこのもん?」

 単にからまれたのだ。(苦笑)

 

 2人組の1人は細身でスケーターっぽい格好、一般的にはちょっとしたストリート系のお洒落さん風だったが、もう1人がとにかく大迫力なお見た目! (笑)

 身長185センチ以上はあるだろうか? 金髪にオールバック、筋肉質な体格が、白いダウンジャケットの上からでも見て覗える。

 まさに、

”いかつい”

 という言葉がぴったり。

 

 少々下にずらしたサングラスから覗きこんでくるように威嚇しながら、我々7人をゆっくり、静かに見回してきた。

「普通の大学生です」

 と、最初に声をかけられた友人の1人が答えた。

(ふ〜ん・・・・)

 と、そのサングラスは1人1人値踏みするように再び見てくる。

 普通の大学生の僕らは、直立硬直。

 何せ、実質1人で7人に余裕でからんでくるのだから、どれだけ自信と迫力あるかご想像頂きたい。

 

 サングラスが僕の前に来て、動きを止めた。

(は? 僕っすか?)

 まじで、怖い。

 彼は視線を僕の右手の袋に落として、

「何? お前DJやってるの?」

 目立つ友人が、

「はい、こいつDJやってて、めっちゃうまいんですよ!」

 と誉めてくれた。

「オレさ、DJ好きなんだよね〜・・・。だからお前だけあっちいってていいよ」

 僕だけ好意的に開放されましたとさ。

(DJやっててよかった〜!)

 と思った一つの笑い話。

 

>> 他の友人達はどうなったって?

 目立つ格好の2人は、つけていたピアス、バンダナ、アクセサリー等を没収され、残りの(いわゆる大学生っぽい)友人達は特にお咎めなしでした。

 

 


車やバイクにも、”いいね!”ランプを?

 18歳の時に車の運転免許をとって以来、基本運転が好きです。

 

 ここ、シンガポールでも運転はしているのですが、お国が違えば、運転のマナー(?)も違います。

 例えば日本の場合、車線変更をする際、ウィンカーを出したら、結構道を譲ってくれたりしますよね。

 ですが、シンガポールでは、

「ぜって〜入れてやらね〜!」

 的に、スピードを上げてくる人がとても多いんですよ、これがまた。

 少しでも強引に入ろうとすると、クラクションを鳴らされます。

 衝突しそうで危ないですよ〜・・・。

 

 そんな環境でも、ボクは結構道を譲ります。

 けど、譲っても何か物足りない・・・。

(そうか〜!)

 日本の場合、ハザードランプを数回点滅させることで、譲ってくれた後車に対して「感謝」の意を表してくれる方々が多いので、こちらも「小さな幸せ」を感じられるんですね。

 だからこそ、またやりたくなります。

 道路交通法で決められているわけではなく、誰が始めたのかもわかりませんが、とても素敵な文化だと思います。

 

 かといって、海外で同じことをやったら、逆に、

(こいつ停車するのか?)

 と勘違いされそうなので、ボクもやりません。

 けど、やっぱり何らかの形で「感謝」の意思表示ができたら、少しは運転マナーの改善にもなるんじゃないかな? って思いますね。

 

 ソーシャルメディア、特にfbでもお馴染みの、”いいね!”ランプみたいなのがあったら、おもしろいんじゃないかな?

 運転席からボタン一つでできる機能。

 

 こんな感じです。(画像はあくまでイメージ)

 

 


やんちゃなビジネスパーソンは、今すぐDJを始めなさい!

 タイトルを見て、

(なんじゃ?)

 と思われた方もいらっしゃると思います。

 

 こちら、AMAZON Kindleから去年(2016年)12月にオンライン版として出版された著書の題名です。

 実は、ボクも微力ながら本書に参加させてもらっております。

 ↓  ↓  ↓ 

 そして、先日、紙媒体版としても発売されました。

 ぜひ、ビジネスマンのお知り合い等おられましたら、ちょっとした誕生日プレゼントとしておもしろいかも!? 777円とお得です。

 

 ご興味のある方は下記リンクよりチェック下さい。

 DJ Ricky PwR feat. DJ toMU:吐夢

 オンライン版: 99円

 

 

 


連ドラ

ここ数年、シンガポールにおいても、日本の連ドラをちょこちょこおっかけています。

去年はNHK大河ドラマ、「真田丸」にはまりにはまり、終了後はそれこそロス状態でした。

 

今期は、

「A-LIFE」

「嘘の戦争」

「銀と金」

そして前期から引き続き、というか毎年ず〜っと「相棒」を追っかけてます。

 

「嘘の戦争」、終わってしまいましたが、すっごくよかったですね。ちょっと詐欺師に憧れました。(笑)

「銀と金」の池松壮亮さん、リリフランキーさん、最高です。あと、脇役ですが、ボクが十代の頃から雑誌モデルとして有名だった村上淳さんも、年を重ねてますます素敵になってますね。

 

さて4月からの連ドラ、何にはまるかな〜? (笑)

 

 

あ、Show Ning DJ Schoolの紹介動画をアップしました。こちらもぜひチェック頂けたらうれCです。

↓     ↓            ↓     ↓


1年半ぶりのブログ更新! 苦笑

 ほぼ1年半ぶりくらいの更新です。

 

 相変わらず、シンガポールで活動してます。

 2017年3月より、シンガポール経営大学(通称SMU)のDJ部門の主任顧問インストラクターに就任しました。

 我がShow Ning DJ Lab (改め、Show Ning DJ School)もサイトをリニューアルして元気にやってます。

 

 

 

 シンガポールに来て約6年。NYは6年半だったので、海外生活10年を越えてました。

 で、何気に今年で40歳になります。(YAY!)

 

 渋くなったっしょ? (老けただけか・・・苦笑)

 けど相変わらずの音遊び!

 

 

 またちょこちょこ更新スタートします。

 Thanks for your continous supports!

 

 

 



     
profile
DJ toMU : 吐夢

 profilephoto

 1998年渡米、一路ニューヨークへ。ヒップホップ、ロック、ジャズファンク等多種多様なバンドのターンテーブリストとして本格的な音楽活動を開始。

 The Black Eyed Peas、Omar、Julian Marley等著名アーティストのオープニングアクトを経験。ソロとしては、2005年DMCニューヨーク大会にて、日本人としては初の準優勝を果たす。

 日本帰国後、久保田利伸のアルバム「For Real?」(SMEより2006年リリース)にスクラッチで2曲参加。

 2008年、OHGA Bandの主要メンバーとして参加したバンドバトル、Redbull SOUNDCLASH Japanにて、初代チャンピオンになる。

 2011年よりシンガポールに移住。

 2013年、Audio-Technica シンガポール大使に就任。

 ユニバーサルスタジオシンガポール(USS)の年越しカウントダウンイベントにて2年連続でオオトリを務める等、現役で活動しながら、日系としては唯一のDJスクール、Show Ning DJ Schoolの代表取締役に就任。

 2016年、シンガポール経営大学公式DJ部の主任顧問インストラクターに就任。

 ニューヨーク市立大学ハンターカレッジ卒。

Contact
calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
selected entries
categories
archives
links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM