DJをしていてラッキーだった事。

 僕がまだ日本で大学生になりたての頃。

 校舎が横浜だったため、新しくできた友達と、学校帰りによく横浜駅周辺をふらふらしていたものだ。

 

 普段は2〜3人でふらついていたのだが、その日は同じ学部の友人達7人くらいで集まっていた。

 当時からDJを趣味でやっていたので、友人と会っている時でも隙をみつけては、レコードショップに立ち寄り音を掘っていた僕。

レコード袋
(画像はイメージ)

 レコードショップから友人達の待つ合流場所に戻り少し歩いていると、7人の中でもちょっと目立つ格好していた友人2人に、少し年上っぽい見知らぬ2人組が声をかけてきた。

 

 声をかけてきた、と言えば普通に聞こえるが、

「お前ら、どこのもん?」

 単にからまれたのだ。(苦笑)

 

 2人組の1人は細身でスケーターっぽい格好、一般的にはちょっとしたストリート系のお洒落さん風だったが、もう1人がとにかく大迫力なお見た目! (笑)

 身長185センチ以上はあるだろうか? 金髪にオールバック、筋肉質な体格が、白いダウンジャケットの上からでも見て覗える。

 まさに、

”いかつい”

 という言葉がぴったり。

 

 少々下にずらしたサングラスから覗きこんでくるように威嚇しながら、我々7人をゆっくり、静かに見回してきた。

「普通の大学生です」

 と、最初に声をかけられた友人の1人が答えた。

(ふ〜ん・・・・)

 と、そのサングラスは1人1人値踏みするように再び見てくる。

 普通の大学生の僕らは、直立硬直。

 何せ、実質1人で7人に余裕でからんでくるのだから、どれだけ自信と迫力あるかご想像頂きたい。

 

 サングラスが僕の前に来て、動きを止めた。

(は? 僕っすか?)

 まじで、怖い。

 彼は視線を僕の右手の袋に落として、

「何? お前DJやってるの?」

 目立つ友人が、

「はい、こいつDJやってて、めっちゃうまいんですよ!」

 と誉めてくれた。

「オレさ、DJ好きなんだよね〜・・・。だからお前だけあっちいってていいよ」

 僕だけ好意的に開放されましたとさ。

(DJやっててよかった〜!)

 と思った一つの笑い話。

 

>> 他の友人達はどうなったって?

 目立つ格好の2人は、つけていたピアス、バンダナ、アクセサリー等を没収され、残りの(いわゆる大学生っぽい)友人達は特にお咎めなしでした。

 

 


”ふと思った事・・・”

 現在の千円札・・・。
 言うまでもなく、野口英世氏。

 そこに印刷された彼の肖像画を、左右それぞれ半分だけ何か物を置いて隠し、改めてみると、全く別人のような印象になる! 

 そんな巷で有名な話もいいが、向かって右半分側、「1, 2, サァンッ!!」で著名な世界のあの人に、どことなく似ている・・・・。
 
 って、今更でしたね!??(笑)

 で、全く関係ない写真!!(最近いただいた、日本酒! 最高でした!!<笑>)
Image Hosted by Show-Ning Lab.

------------------------------------------------------------------------------------------------------



”助けて〜! 叫びたい瞬間! pt.2”

 知り合いの劇団の舞台公演を観に行ったときの話。

 芝居もいよいよクライマックスに入ろうとしていた。
 場面は法廷。
 えん罪の主人公が、とある理由から罪を全部かぶろうと、侵してもいない事柄を認めようとする。
 しかし、元々人望が厚い彼を助けようと、様々な証言者が証言台に立ち、彼の弁護に務めようと必至になっていた。
 観客は手に汗を握りながら、瞬きもしないで見入っている様子。

 と、突然、
「キュル〜〜〜」
 ボクの左横からお腹の鳴る音がした。
(長い芝居だから、腹も減るもんな〜)
 ボクはふと意識がそちらに飛んだ。

「異議あり!」
 検事役の役者さんの声。
 裁判官役というのはいなく、役者さん達は、客席があたかも裁判官が座っている場所のように演出されていたため、皆客席に顔を向ける。
 その間は、裁判官が何かしゃべっているだろうと見立てて、台詞はない。従って沈黙。
「キュル〜〜〜、キュ〜〜〜」
 再び横からさらに激しい音。
(フッ!)
 あいつがボクに襲いかかった!

「俺は死刑になっていいんだ!」
「そんなことはない! あなたの事を必要としている人は沢山いるのよ!」
 白熱した演技が繰り広げられていく。

「キュルルルゥ〜〜〜!」
(フッ、フッ、ムフフ)
 やばい! 完全にツボに命中されてしまった!

「俺はあの時誰も助けられなかった。だから、もう生きたくないんだ!」
 お芝居は続いて行く。

 その後落ち着いたのか何事もなく、いよいよクライマックス!
「俺、俺・・・・。生きたいです! 裁判長・・・・、お願いします!」
 頬をしたたる大粒の涙。主役の役者さんの迫真の演技! ”笑”のかけらも何もないシーンだ!

 その瞬間、
「キュルル〜〜〜、クゥ〜・・・・・グプッ!」
 お腹の中をまるで一周してきたような何とも奇妙な音が炸裂!
「ブフッ!」
 あ〜、また豚の鳴き声みたいな音が鼻からもれてしまった。笑いを必至に堪えようとすればするほど、肩はカタカタ震えて、額にもじっとり冷や汗。
 ボクの集中力は、もはや芝居よりも、笑いを耐える事にしぼられてしまっていた。

(次来たらもう会場から出るしかない! 神様、本当に助けてください!)

 神頼みが効いたのか、どうにか無事お芝居終了!

 会場を出た瞬間、一緒に観に行っていた父が、
「お前、トイレでも行きたかったのか? 随分体が震えていたぞ?」
 と的外れな問いかけをしてきた。
 ボクは一人で大笑い! やっと解放され、その笑いは最高に気持ちよかった!

 けど、一番つらかったのは、当の本人でしょうね!(笑)
------------------------------------------------------------------------------------------------------



”助けて〜! 叫びたい瞬間!”

 ここではそんなことしちゃダメだろ〜〜!! って時に沸々とやってくるあいつ・・・・。
 本当に困ります。

 車の教習所時代。
 実技試験は大抵、教官と3人の受験生が同じ車に乗り込む。
 1人が運転で、残りは後部座席で待機。

 あいつがボクを襲ったのはちょうど仮免実技の時だった。
 
 ボクは2番目だったので、後部座席で軽く緊張しながらスタンバイ。
 まずは一番手(もちろん全く知らない人)がスタートしようとした瞬間、
「ガッコンガッコンッ!!!」
 激しく車が揺れだした。緊張からか、最初からクラッチミスをしてしまったらしい。
 車はいきなりエンスト。
 
 その後は順調に運転は続き、教習所内にある模擬踏切までやってきた。

 一時停止し、安全確認。
「ガッコンガッコンッ!!!」
 再び激しい揺れ! そしてエンスト。
(フッ!)
 あいつがボクに襲いかかった。
「おいおい、またかよ!」
 教官の一言。
(フッ! ムフフッ!)
 腹から湧き上がるような鼻息。あいつの攻撃はボクのツボに命中したようだ。これはきつい!!
 堪えようとすればするほど、額には嫌〜な汗。腹と鼻はヒクヒク。

 その後、その運転手が信号で止まる度に、エンストを想像してしまい、
(フッ! フッ! ムフフッ!)
 あいつの連続攻撃は遠慮を知らない。

 極めつけはラスト! 路肩に幅寄せして終了なのだが、
「ゴリッ! ガガガッ!」
 と擦るは擦るは。
「ブフッ!」
 豚の鳴き声みたいな音がついに、ボクの鼻から漏れてしまった。ボクは腹をかかえて、静かに、しかし思いっきり笑ってしまった。(汗)

 悪気は全くないのですが、これだけはコントロールできませんでした(笑)本当にスイマセン。

 笑うことは健康にもいいのだろうが、時には神経を衰弱させることもある!

 こんな時、皆さんはどうやってごまかしますか?? 笑

p.s.ちなみに、ボクの順番は何事もなくパスしました。
------------------------------------------------------------------------------------------------------



”レアでマニア! pt.2”

 前回載せた、カルバン・クラインCMテーマのpt.2です! 同じdirector(ボクのNY時代の先輩)の作品です。

 これまた、露出狂度の高い変態さを保ちながら、違う視点からartisticに表現した映像です!

 ってか、この役者さん・・・。こんな役柄、よくやったな〜〜〜〜・・・(笑)かなり盲点をつかないと、NYでは捕まること必至! だったでしょう・・・・(苦笑) 
 実際、CKからクレーム来ないか少々心配です・・笑 けど、表現は自由なのです!! 

 人の心配より、自分の心配を! no doubt!

p.s. Red Bull SOUNDLCASH時の、OHGAさん!!
Image Hosted by LPH

美女に囲まれて、うらやまCですな〜〜〜♪(笑)
------------------------------------------------------------------------------------------------------




”レアでマニア!”

 NYの大学に編入した初日に知り合った、ファンキーな2人の先輩の1人。
 その彼が、'03年にカルバン・クラインのCMをテーマに製作したレア映像を発見!! 
 ユニークなセンスしてるな〜〜〜。
 日本人独特のちょっとした”変態(?)”感溢れる作品で、ボクはかなり好きです! 

 ロケ地はFar Rockawayかな??

 で、上の映像とは全く関係ありませんが、日本酒をいただきました!!
 マニアの中でもレア物らしいです!
Image Hosted by Show-Ning Lab.

 後でゆっくり飲むのが楽しみで候!♪
------------------------------------------------------------------------------------------------------




”おもしろ映像”

この緊張感がたまりません!(笑)

フランス軍隊の調練映像らしいですが・・・。
------------------------------------------------------------------------------------------------------
オープンキャンペーン中!今がお得!!【イーモバイル・正規販売店】


”ツボ”

 まさに、ツボにはまるとはこういうことなんだろう!
 字幕や会話がわからなくても、理解できます!
       ↓


 最初はあまりにも重い雰囲気のため、笑ってはいけないと思いながら見ていた。しかし、ツボにはまった司会者に、ボクがツボにはまってしまった。
 調べてみると、ベルギーの「In De Gloria」という番組のコントらしい。そうだよな〜・・・。あまりにもできすぎている!w
------------------------------------------------------------------------------------------------------



”オッパッピー!”

 ちょっと話飛びます。

 2週間前くらいかな!? TVをつけていたら、ある新人(?)芸人のパフォーマンスに、久々に笑いが止まらなかった

 その時は、ただ笑いころげていただけで、彼の名前も覚えられないままずっと気になっていた。

 やっと、動画サイトYouTubeで偶然発見! ↓

 小島義雄と言って、どうやらすでにちまたでは話題を呼んでいるらしい。

 お笑いブームやら何やらで、逆に芸人が溢れている(?)と感じてしまう今日この頃。

 去年のM-1グランプリ決勝戦のチュートリアルの漫才以来、腹から笑ってしまいました。
------------------------------------------------------------------------------------------------------



1

     
profile
DJ toMU : 吐夢

 profilephoto

 1998年渡米、一路ニューヨークへ。ヒップホップ、ロック、ジャズファンク等多種多様なバンドのターンテーブリストとして本格的な音楽活動を開始。

 The Black Eyed Peas、Omar、Julian Marley等著名アーティストのオープニングアクトを経験。ソロとしては、2005年DMCニューヨーク大会にて、日本人としては初の準優勝を果たす。

 日本帰国後、久保田利伸のアルバム「For Real?」(SMEより2006年リリース)にスクラッチで2曲参加。

 2008年、OHGA Bandの主要メンバーとして参加したバンドバトル、Redbull SOUNDCLASH Japanにて、初代チャンピオンになる。

 2011年よりシンガポールに移住。

 2013年、Audio-Technica シンガポール大使に就任。

 ユニバーサルスタジオシンガポール(USS)の年越しカウントダウンイベントにて2年連続でオオトリを務める等、現役で活動しながら、日系としては唯一のDJスクール、Show Ning DJ Schoolの代表取締役に就任。

 2016年、シンガポール経営大学公式DJ部の主任顧問インストラクターに就任。

 ニューヨーク市立大学ハンターカレッジ卒。

Contact
calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
selected entries
categories
archives
links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM