車やバイクにも、”いいね!”ランプを?

 18歳の時に車の運転免許をとって以来、基本運転が好きです。

 

 ここ、シンガポールでも運転はしているのですが、お国が違えば、運転のマナー(?)も違います。

 例えば日本の場合、車線変更をする際、ウィンカーを出したら、結構道を譲ってくれたりしますよね。

 ですが、シンガポールでは、

「ぜって〜入れてやらね〜!」

 的に、スピードを上げてくる人がとても多いんですよ、これがまた。

 少しでも強引に入ろうとすると、クラクションを鳴らされます。

 衝突しそうで危ないですよ〜・・・。

 

 そんな環境でも、ボクは結構道を譲ります。

 けど、譲っても何か物足りない・・・。

(そうか〜!)

 日本の場合、ハザードランプを数回点滅させることで、譲ってくれた後車に対して「感謝」の意を表してくれる方々が多いので、こちらも「小さな幸せ」を感じられるんですね。

 だからこそ、またやりたくなります。

 道路交通法で決められているわけではなく、誰が始めたのかもわかりませんが、とても素敵な文化だと思います。

 

 かといって、海外で同じことをやったら、逆に、

(こいつ停車するのか?)

 と勘違いされそうなので、ボクもやりません。

 けど、やっぱり何らかの形で「感謝」の意思表示ができたら、少しは運転マナーの改善にもなるんじゃないかな? って思いますね。

 

 ソーシャルメディア、特にfbでもお馴染みの、”いいね!”ランプみたいなのがあったら、おもしろいんじゃないかな?

 運転席からボタン一つでできる機能。

 

 こんな感じです。(画像はあくまでイメージ)

 

 


1

     
profile
DJ toMU : 吐夢

 profilephoto

 1998年渡米、一路ニューヨークへ。ヒップホップ、ロック、ジャズファンク等多種多様なバンドのターンテーブリストとして本格的な音楽活動を開始。

 The Black Eyed Peas、Omar、Julian Marley等著名アーティストのオープニングアクトを経験。ソロとしては、2005年DMCニューヨーク大会にて、日本人としては初の準優勝を果たす。

 日本帰国後、久保田利伸のアルバム「For Real?」(SMEより2006年リリース)にスクラッチで2曲参加。

 2008年、OHGA Bandの主要メンバーとして参加したバンドバトル、Redbull SOUNDCLASH Japanにて、初代チャンピオンになる。

 2011年よりシンガポールに移住。

 2013年、Audio-Technica シンガポール大使に就任。

 ユニバーサルスタジオシンガポール(USS)の年越しカウントダウンイベントにて2年連続でオオトリを務める等、現役で活動しながら、日系としては唯一のDJスクール、Show Ning DJ Schoolの代表取締役に就任。

 2016年、シンガポール経営大学公式DJ部の主任顧問インストラクターに就任。

 ニューヨーク市立大学ハンターカレッジ卒。

Contact
calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
selected entries
categories
archives
links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM